病気の改善

原因不明の病気も治る可能性のある鍼灸治療

医学が進歩した現在なのに、今鍼灸の治療が見直されてきている。 医学はかなり進歩した。 しかし、未だ解明されていないような病気やその原因、そして治療方法がまだ確立していないような病気もある。 そんな中、東洋医学である昔から伝わる鍼灸がだんだん注目され始めてきた。 鍼灸は、外部から原因を除去したりする医学と異なり、身体の内面から治療していこうとするもので、即効性は乏しいがその治療を継続することで、長いスパンをかけ徐々に改善していき効果を発揮する。 また即効性はない分、長期間治療することにより内部の免疫力や気力などを高めたりするので、風邪やなにか病気等をしにくくなったり、冷え性や神経痛のような見えない原因のものまで改善してくる。 そういうわけで、鍼灸治療は長い目で見て治療を継続することがその効果を発揮するものである。

内面から治療することによるその効果

まず、痛みやだるさしびれ等あるだけでも気分は憂鬱になるし、体調もあまりよくは思わないであろう。 また、寒さや痛さだるさなどは弱っていると余計ににつよく感じるだろう。 そういうものが鍼灸により徐々に内面から改善されることにより、気分や体調等が良くなってきて、徐々にそういうものを感じにくくなったり、その痛み等が和らいでいくために、他の病気の予防にすらなるだろう。 また、内面から治すことにより、外面である皮膚等も治ってくる可能性がある。 たとえばアトピーなどの治療がなかなか難しい皮膚の疾患も薬で治らなかったものまでが、改善されてくる場合もある。 内面が治療されると外皮まで治療されてくるようになる。 そういうわけで、若返りまではわからないが、薬を使わず皮膚等治すことも可能かもしれない。 鍼灸は医療としてもあるが美容としても使われる場合もある。 そして長い期間かけて治療することにはなるが、下手な薬品や手術など失敗や後遺症や副作用も少なく、またもとの病気の状態に戻るまでも長くかかるだろう。 そういうわけで、今、西洋医学の進歩と同様に鍼灸治療も注目を浴びている。